• NAGI STAY YATSUOは、一棟貸し・サブスクリプション型の宿泊施設です。
  • NAGI STAY YATSUOの会員になると、1口で3泊分の宿泊権が得られます。
  • 宿泊の際は、立地や間取り、定員が異なる3つの宿(なりひら、おたや東、おたや西)からお好きなところを選べます。なお、1泊で3棟すべてを貸し切ることも可能です。
  • 個人、法人を問わず会員登録できます。
  • 会員登録をご希望の方は、「申込・問合せフォーム」に必要事項を記入し、送信してください。申込内容を確認後、NAGI STAY YATSUO事務局よりメールにてご連絡致します。
なりひら
(上新町)
おたや東
(鏡町東)
おたや西
(鏡町西)
所在地富山市八尾町字上新町2745番1富山市八尾町字鏡町2398番富山市八尾町字鏡町2397番
定員(最大)7名(8名)5名(5名)3名(4名)
会員年会費:1口150,000円
 ※サブスクリプション契約(個人・法人ともに可)
 ※年間3泊分の宿泊権と宿泊日の清掃・リネン代金を含む
非会員
(ビジター)
70,000円/泊60,000円/泊50,000円/泊
※表中の金額はすべて「税別」です。
※食事代は含まない「素泊まり」の金額です。
※上表の料金は、「おわら風の盆」期間中(9/1〜9/3)を除くすべての日に適用されます。
「おわら風の盆」期間中(9/1〜9/3)の宿泊料金はNAGI STAY YATSUO事務局へお問合せください。
<基本事項>
  1. チェックインは午後3時、チェックアウトは午前11時となります。
  2. チェックインの場所は、宿泊施設館内となります。
  3. チェックアウト時にはスタッフがお見送りに参りますので、チェックイン時に出発予定時刻をお知らせください。
  4. 駐車場は、越中八尾観光会館(曳山展示館)の駐車場一角にある当施設の駐車場をご利用ください(最大3台まで駐車可能)。
  5. ルームウェアの用意はございません。お客様各自でご準備ください。
<注意事項>
  1. 各施設は、ご予約・ご登録いただいたお客様のみご利用いただけます。登録のない方を入室・宿泊させた場合は、一人あたり5,000円の違約金をお支払いいただきます。
  2. 騒音、振動、悪臭など、近隣住民の迷惑となる行為は厳禁です。特に、夜22時~朝8時までの間はお静かにお願いします。警察官による訪問などでトラブルが起こった際には、宿泊期間中であっても、返金なしで直ちに退室いただく場合があります。
  3. 施設内は「全面禁煙」です。退室後に喫煙やその臭いが確認された場合は、1日あたり1万円の違約金(クリーニング代含む)をお支払いいただきます。
  4. 故意と認められる施設内の家具・設備・備品類の故障、破損、紛失等があった場合は、金額の多寡にかかわらず警察へ通報し、お客様へ被害額を請求いたします。
  5. 各施設は「土足厳禁」です。玄関で靴を脱いでご利用ください。
  6. チェックアウト後、通常のクリーニング作業では対応しきれない清掃や特殊な作業が必要になった場合、クリーニング費用として1万円の追加料金を請求いたします。
  7. 各施設では、介助犬を除くペットの入室は禁止です。
  8. 各施設における宿泊期間中の怪我や病気に対して、当施設は責任を負いません。なお、怪我や病気等のトラブル発生時には速やかに事務局までご連絡ください。
  9. 当施設の許可なく、各施設を営業行為(展示・広告・宣伝・販売等)など他の目的に利用しないでください。
  10. 各施設の宿泊予約の成立にあわせて、宿泊約款・利用規約に同意したものとします。
第1条(適用範囲)
  1. 当施設が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は慣習によるものとします。
  2. 当施設が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じた場合は、前項の規定にかかわらず、その特約が先行するものとします。
第2条(宿泊引き受けの拒絶)
当施設は、次の場合には宿泊の引き受けをお断りする場合があります。
  1. 宿泊の申し込みが、この約款によらない場合。
  2. 満室により客室の余裕がない場合。
  3. 宿泊しようとするものが宿泊に関し法令の規定又は公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められる場合。
  4. 宿泊しようとするものが伝染病であると認められる場合。
  5. 宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
  6. 天災・施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることができない場合。
  7. 富山県旅館業法施行条例第9条に該当する場合。
  8. 危険物(ストーブ等の火器、石油類)及び有害な物品を持ち込む場合。
  9. 過去に第10条の適用を受けたものである場合。
第3条(氏名等の明告)
  1. 当施設に宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当施設に明告いただきます。
    (1)すべての宿泊者の氏名・住所・電話番号・性別・年齢
    (2)宿泊日及び到着予定時刻・宿泊日数
    (3)宿泊料金
    (4)その他当施設が必要と認める事項
  2. 宿泊客が宿泊中に前項第2号宿泊日数を超えて宿泊の継続を申し出た場合、当施設は、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとし処理します。
第4条(宿泊契約の成立)
宿泊契約は、当施設が前項の申し込みを承諾した時点で成立するものとします。ただし、当施設が承諾しなかったことを証明した場合はこの限りではありません。
第5条(宿泊客の契約解除権)
  1. 宿泊客は当施設に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
  2. 当施設は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約に全部又は一部を解除した場合、別表に揚げるところにより、違約金を申し受けます。
  3. 当施設は、宿泊客が連絡がなく、宿泊日当日の午後8時(事前に予定到着時刻が明示されている場合はその時刻を2時間超過した時刻)になっても到着しない場合は、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。
  4. 前項の規定により解除されたものとみなした場合において宿泊者がその連絡をしないで到着をしなかったことが列車・航空機等の公共運送機関の不着又は遅延その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明した場合、違約金は申し受けません。
第6条(当施設の契約解除権)
  1. 当施設は他に定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することができます。
    (1)宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
    (2)宿泊客が伝染病であると明らかに認められるとき。
    (3)宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
    (4)天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
    (5)富山県旅館業法施行条例第9条に該当するとき。
    (6)寝室での寝たばこ、消防用施設に対するいたずら、その他当施設が定める利用規定の禁止事項(火災予防上必要なもの)に従わないとき。
  2. 当施設が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除した場合は、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金は申し受けません。
第7条(宿泊の登録)
  1. 宿泊客は、宿泊日当日、当施設フロントにおいて、次の事項を登録いただきます。
    (1)すべての宿泊客の氏名・住所・電話番号
    (2)外国人にあっては、国籍番号・旅券番号
    (3)出発日及び出発予定時刻
    (4)その他当施設が必要と認める事項
  2. 宿泊客が宿泊料金の支払いを、クレジットカード等通貨に代わり得る方法により行おうとする場合は、あらかじめ、前項の登録時にそれらを提示いただきます。
第8条(客室の使用時間)
  1. 宿泊客が当施設を使用できる時間は午後3時から翌朝11時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日および出発日を除き、終日使用することができます。
  2. 当施設は、午前11時以降の時間延長はいたしません。
第9条(利用規約の遵守)
宿泊客は、当施設においては、当施設が定めた利用規約に従っていただきます。
第10条(宿泊継続の拒絶)
当施設は、お引き受けした期間中であっても、次の場合は宿泊の継続をお断りすることがあります。
  1. 宿泊者以外の者を客室内に入れた場合。
  2. 第2条第3号から第8号までの各項目に該当することとなった場合。
  3. 前条で定める利用規約に従わない場合。
第11条(料金の支払い)
  1. 宿泊料金等の支払いは、通貨又は当施設が認めたクレジットカード等これに代わり得る方法により、宿泊客の到着の際又は当施設が請求した際、フロントにおいて行っていただきます。
  2. 当施設が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になった後、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
第12条(当施設の責任)
  1. 当施設の宿泊に関する責任は宿泊者が当施設のフロントにおいて宿泊の登録を行ったとき又は客室に入った時のいずれか早い時に始まり宿泊者が出発するために客室を開けた時に終了します。
  2. 宿泊者が当施設内に掲示した利用規約に従わないために発生した事故に関しては当施設はその責任を負いません。
  3. 当施設の責に帰すべき理由により宿泊者に客室の提供ができなくなったとき、天災・その他の理由により困難な場合を除き、その宿泊客に同一又は類似の条件による他の宿泊施設を斡旋いたします。この場合には客室の提供ができなくなった日の宿泊料金を含むその後の宿泊料金はいただきません。
第13条(寄託物等の取扱い)
  1. 当施設では寄託物等の取り扱いは行っておりません。
  2. 宿泊者が当施設内にお持込になった物品又は現金並びに、貴金属に関しては、当施設の故意または重大な過失がない限り、滅失、毀損等の損害が生じても責任を負いかねます。
第14条(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)
  1. 宿泊者手荷物等の、宿泊に先立っての受け取り保管はいたしかねます。
  2. 宿泊客がチェックアウトした後、宿泊客の手荷物又は携帯品が当施設に置き忘れられていた場合は、発見日を含めて7日間当施設にて保管し、その後貴重品に関しては最寄りの警察署へ届け、その他の物品に関しては処分させていただきます。
第15条(駐車の責任)
宿泊客が当施設の駐車場をご利用になる場合、当施設は駐車場所を案内するものであり、車両の管理責任を負うものではありません。
第16条(宿泊客の責任)
宿泊客の故意または過失により当施設が損害を被った時は、当該宿泊客は当施設に対し、その損害を賠償していただきます。
別表:違約金
区分時期金額等
会員6〜2日前-
前日10,000円
当日20,000円
非会員(ビジター)6〜2日前宿泊料金の30%
前日宿泊料金の50%
当日宿泊料金の100%